読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


Windows 10のコントロールパネルとアクションセンター、設定の違いについて

Windows 10のAniversary Updateまであとわずか。

待ち遠しいですが、一つ、Windows 10のコントロールパネルとアクションセンターの違い、そして設定についてまとめておこうかと。

 

単刀直入に言いますと、通知があるのがアクションセンターです。

画面右下の吹き出しにあります。

右クリックすると「アクションセンターを開く」があります。

f:id:tetsunari_jp:20160720071419p:plain

 

アクションセンターは通知に対してなんらかのアクションを起こすというところです。

なのでUpdateがあるよ、とかUpdateが完了しました。などの通知をしてくれます。

 こちらの画面ではメール受信の通知が表示されています。

メールの通知は正直いらない。。多すぎるから本当に欲しい情報が埋もれてしまいそう。(個人個人違いますね。)

f:id:tetsunari_jp:20160802231039p:plain

このアクションセンターからワンタップで表示やネットワークなどモードを変えたりすることもできます。以前書きましたがこれはモバイルで使っている画面と似ています。

 

さて、コントロールパネルとは、

古くWindows XPWindows 7にもあったコントロールパネル。

コンピュータの設定を調整します。まさにその通り。

画面を見る限りでは過去のバージョンとはあまり違いはありません。

f:id:tetsunari_jp:20160720071406p:plain

 

はじめどこに行ったのか?と悩むのですが「コントロールパネル」はスタートメニューの中にあります。ある意味変わっていませんね。

f:id:tetsunari_jp:20160720071416p:plain

 ↑ こちらから起動します。

 

そして最後に設定、なんっちゃと思いつつ、英語でSettngsと書かれていればなんとなくイメージがつかみやすいです。

この設定画面はコントロールパネルとほぼ同じことが実現できます。

どんな機能があるかはこちらのサイトを見ればよくわかります。

合わせて一部違うものがあるのは確認し修正する予定です。。

f:id:tetsunari_jp:20160720071410p:plain

こう見てみると色々な方法が取れるものとこのアプリでしか設定できないものもあるか。

 

 以上