iPhoneで気になるサイトをアーカイブするのにGmailを使っています

今日は情報アーカイブについて。

 

移動中iPhoneでたくさんの情報に出会います。

その中でどうしても取っておきたい、また後で見たいという記事があると思います。

 

私の場合、アプリごとである程度ルールを決めて使っていますが、これはというものは

アプリ⇒safariで開く⇒メールで共有⇒Gmailへ送信と自分のGmailアドレスへメールを送ります。

 f:id:tetsunari_jp:20160630082504p:image

Gmail側ではiPhoneのメールアドレスから受信したものにラベルをつけてメールボックスを分けています。

これをやるとGmailのメールボックスを見ればアーカイブしたサイトが時系列に一覧になって、かつGmailの検索を駆使することができるので重宝しています。

safariにも保存機能はあるのですが数が多くなってくると何かと面倒なんですよね。

実は私のGmailアドレスの1文字目があまり使われない文字なので1文字でアドレスが入力できるというのも活きてます。

 

操作多少工数が多いので1発でGmailに送れるアプリがあればいいなと思いつつ操作に慣れたのでそのまま使ってます。

 

アプリごとの機能で、とも考えられますが情報が分散しますしアプリによって共有ボタンとかが違うことを考えれば素直に標準のsafariで開って標準のメールで共有を使うのもありかと。

 

課題といえば情報の優先度の振り分けとオンラインでないとできない点か。

優先度はGmail側でスターをつけることである程度強調はできてるので満足してます。

 

一元管理という点では色々と書き込むメモではEvernoteやOneneteを活用しつつもサイトについてはイマイチまとめきれていません。

この辺りはもう少しもう少し考えてみようかなと思います。

 

いかがでしょうか。

 

 

広告を非表示にする