読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


Office 365 やOffice 2013 が修復できず、アンインストールもできない時にどうするか

今日はOfficeのトラブルシューティング、復旧について。

この投稿はOffice 365やOffice 2013、Office 2016で参考になる投稿です。

 
Office 2016 がリリースされた当時は私のOffice 365 Proplus がPCの中で行方不明になったりと色々とありました。行っている意味がわからない?
詳しくは下の方に書いています。
(ちなみに現在は修復されているようなので問題なくアップデートできます)
 

 

原因は、恐らくですがアップグレードされるタイミングでOffice 365 ProPlusを利用していて、Click to run(C2R)にてバックグラウンドでOffice 2013 からOffice 2016 にアップデートが走っていた途中にシャットダウンしたのが原因かも。
 
と、詳しいお話は後にして先に今日のテーマであるトラブルシューティング、困った時の対処方法から。
 
もし、Office 365 やOffice 2013、Office 2016 が壊れてしまいアイコンが壊れていたり見つからなくなった時、修復しようとコントロールパネルのプログラムの追加と削除からオンライン修復もできず、アンインストールもできなくなってしまった場合。
または再インストール時に、もうインストールされているよと言われてしまった場合にどうするか。
 
次のリンク先のFix itを適用してOfficeのデータをクリーンナップをしてください。
 

Windows コンピューターから Office 2016、Office 2013、または Office 365 をアンインストールする - Microsoft Office

 

f:id:tetsunari_jp:20151206091513p:plain

このクリーンアップとはPC側に何らかの情報(Officeがインストールされていた痕跡)が残っていると再インストールが上手くいかない場合があります。

そういった時のためにも上記リンクは覚えておくとよいかも。

 

では、Office(Excel、Word、Outlookなど)の調子がいまいち良くない場合

 例えば

 アプリがフリーズする

 イベントビューア見たらクラッシュした形跡がある

 などの現象が出て困っている時は以下の順番で対処します。

 

1 Officeアプリケーション(Excelなど)を再起動する

2 PCを再起動する

3 コントロールパネルのプログラム(Officeを選択して変更)からOfficeの修復

  ① クイック修復

  治らなければ

  ② オンライン修復(時間がかかります。20分以上はかかるかと)

4 それでもだめならOfficeをアンインストールしてから再度インストールする

  この場合はライセンスキーが必要になるので準備する

 

追記:以前トラブルシューティングで書いていました。こちらのほうがきれいにまとまっていました。

Office 2013でExcelやWordが起動できなくなった時にまず何をするか

 

 

これでだいたい改善すると思います。

 

ただし、上記トラブルとは別に最近アップデートされたバージョンの不具合が原因の場合、前のバージョンに戻すという方法もありますが次の機会にまとめます。

 

※今回の内容は上記4でアンインストールができないときの対処法になります。 

 

本来であればイベントビューアなど見て原因を確認したうえで対処すべきなのでしょうが;

 

ここから下は検証時にOfficeが行方不明になった件の備忘録ということで。

 

では、当時(2015年9月Office 2016リリース当時)に何があったのか。
起動後Office 2016 に上げて起動しようとしたらOffice そのものが無くなっていた。

f:id:tetsunari_jp:20151206092724p:plain

 
Program Filesフォルダの中を見るとプログラムが全くない;
でも、コントロールパネルを見てみると、、あるよ。

f:id:tetsunari_jp:20151206092840p:plain

 

試しに修復も、、怒られました。

アンインストールした覚えはない。。。

f:id:tetsunari_jp:20151206093009p:plain

 

仕方ない、それなら上書きインストールしてしまえってやってみると。。

怒られました。

f:id:tetsunari_jp:20151206093312p:plain

 

中に何か持っているんですね。

で、エラーコード3-4を調べます。

このエラーについては以前からも困っていた方がいました。 

http://answers.microsoft.com/ja-jp/office/forum/office_2013_release-office_install/3-4/9f684f8e-a049-4f89-a15e-692c79e04d9

 

結論としては上記のとおりFix itを使ってアンインストールとなったわけです。 

 
で、考えてみたのですが(もう修正されているのでこの現象は起こらないと思うが)
通常パッケージ版でOffice 2013 からOffice 2016 にアップグレードする場合は通常Office 2013をアンインストールしてからOffice 2016をインストールします。
ただ、Office 365(ProPlusやSolo、Premiumなど) を利用している場合、Office 2013のアンインストールとOffice 2016のインストールは合わせて自動的にアップデートしてくれます。
この時に以前からのインストールやアップデートに使われているClick to run(C2R)を使ってアップデートされるようなのですが、そのプロセスが、一度Office 2013をアンインストールしてからOffice 2016をインストールする流れとなっているようなのです。
 
その途中に(恐らく)失敗した状態で、私がPCを再起動後、実際には夜作業を終えて朝起動したときにOffice 2013が無くなっていた、というわけです。
要はOffice 2016 のアップグレードに失敗して中途半端な状態だったということ。
 
以上、上記トラブルの復旧方法でOffice を復元したという流れでございました。
 
のちにOffice 365 ProPlusは管理ページからアップグレードのポリシーを設定できることを知ったのでリリース当時はそのあたりがまだうまく動いていなかったのかなとみていますがもう修復されていますし現状動きますので気にしません。。。
 
以上、困ったときの対応でした。