Internet Explorerの脆弱性(2963983)の対策としてWindows 7にEMETをインストールしてみました

Internet Explorer脆弱性(2963983)の情報が公開され修正プログラムが出るまでの対策の一つとしてEMETがあります。

早速、利用している環境にEMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)4.1(推奨バージョン)をインストールしました。

 

◆[回避策まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer脆弱性により、リモートでコードが実行される

http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/04/30/workarounds-for-security-advisory-2963983.aspx

 

以下 インストール作業

 

 ◆EMET 4.1ダウンロードサイト

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=41138

f:id:tetsunari_jp:20140430194754p:plain

EMET Setup.msiを選択する 

f:id:tetsunari_jp:20140430195218p:plain

 実行する

f:id:tetsunari_jp:20140430195232p:plain

Next 

f:id:tetsunari_jp:20140430195241p:plain

Next 

f:id:tetsunari_jp:20140430195252p:plain

 Disk Costの確認

f:id:tetsunari_jp:20140430195303p:plain

I Agree  

f:id:tetsunari_jp:20140430195312p:plain

NEXT 

f:id:tetsunari_jp:20140430195320p:plain

 

 Use Recommended Settings(推奨設定)を選択します。

f:id:tetsunari_jp:20140430195343p:plain

 Internet Explorer 11の設定が初期設定に戻りました。お勧めの互換性設定

f:id:tetsunari_jp:20140430195354p:plain

 

 完了

f:id:tetsunari_jp:20140430195409p:plain

 

常駐アイコンがありました。 

f:id:tetsunari_jp:20140430195554p:plain

 

アイコンをクリックするとGUIのメニューが起動します。

ここで設定の変更が可能です。 

f:id:tetsunari_jp:20140430195603p:plain

以上で インストールが完了しました。

これで互換性のないプログラムなどはアラートが表示され動かなくなります。

数日使ってどうかはまたまとめたいと思います。 

広告を非表示にする