読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


グランドリーム体験記。シートが思ったより快適です。高速バス利用のメリットなど。

よもやまばなし

今日は夜行バスのお話。

 

最近は仕事以外(勉強会等)で東京に行く機会が減って乗る機会が減りましたが、プライベートで東京に行く時によく利用していました。

大阪から東京に出張で出るだけなら新幹線で行けば済む話なのですがやはり個人的に行くとなるとコストがカサミマス。(往復で3万近く;)

その点、夜行バスならバスを選ばなければ往復1万ちょいも可能かと。。。

 

 

夜行バスにも色々と種類があります。いわゆる松竹梅でイメージすると分かりやすいかもしれませんが例えばJRの夜行高速バスではプレミアムドリーム(松)、ドリーム(竹)、エコ(梅)といった種類ですね。当然、乗り心地も違えば価格も違います。

 

違いをざっくりと説明すると、プレミアムドリーム号は横並びが3列シートで座席の間隔も座面の幅も広くクッションが効いています。ドリーム号は同じく3列シートですがプレミアムほどは座面の幅が広くありません。そしてエコドリームは4列シート(普通の観光バスとなんら変わりなし)となっています。

価格も当然違います。12000円から4000円あたりまで。予約を取る時期等で料金が安くなる早割やインターネット申し込みで割引があったりとするのである程度幅をもたせて書きました。詳しくはこちらを確認いただければ。

高速バスネット お得な割引

 

で、今回試してきたのが昨年10月松にデビューした、竹クラス?のドリーム号の後継車両、その名もグランドリーム号でございます。

 

はじめグランと聞いたのでプレミアムの上位が出たのか?と思ったのですがドリーム号(3列シート)の後継車両だそうです。シートがクレイドルシート(シートを倒すと座席が連動してゆりかごのように動く)になっていて座席横にカーテンを引くことができる。何より各座席にAC100V電源を用意されているのがいいですね。

クッションの良さはプレミアムドリームには負けますが倒した時の感覚はそん色ないです。次からグランドリームでいいかなと思いました。

シートタイプ紹介 | 高速バス・夜行バスの予約なら西日本ジェイアールバス

 

 

なぜ高速バスがいいのか。高速バスを利用するメリット、実は価格だけでなく時間を有効に使いたいという時にもおすすめです。

実際に東京から大阪まで新幹線で動こうと思うと(私の場合、自宅まで帰れる)最終は21時あたり、始発は6時。もし当日夜まで東京で時間を取りたいと思うと、宿泊となり次の午前中もつぶれてしまい、かつ宿泊費がかかりコストもかさみます。

その点、夜行バスなら次の日が仕事の場合でも最終で22時頃、休みで多少ゆっくりと帰るなら23時30分くらい発車のがバスがあるので多少滞在時間を増やすことができます。

終電の時間が1時間2時間変わるだけではなく、次の日の移動で午前中を使わなくていいと考えたら多少きつくても夜行バスを使おうかなと考える方も多いのでは。

 

せっかく乗ってきたので知らない人のために乗った時のお話を少々。

東京駅八重洲南口を出発してから高速に乗ったら消灯になります。休憩は東名高速道路足柄サービスエリアと新名神高速道路の土山サービスエリア。

夜中に車内の電気がつくので起きてしまうかもしれませんが無理に起きる必要はありません。トイレ休憩だと思えばいいかな。(念のため、車内にトイレはあります)

私が乗った日はよりによってこの冬でも一番と言える冷え込みの日でした。朝方5時近くに休憩で寄った土山サービスエリアでは雪が降っていて積もっていたくらい。こんな寒い日でも車内で寒いと感じることがなかったというのも良い点かも。ただ、空気清浄機はあるようですがそれでも車内の空気が乾燥しているのでマスクはあったほうがいいかも。

東京駅を出た後にはじめに泊まる停留所が千里ニュータウン。次に大阪駅高速バスターミナル。そのあとUSJに向かうバスもあるようです。バスで行ったことはないけど。

実際には定刻より少し早く到着しました。

 

予約はインターネット(高速バスネット)で早割の時期に予約しました。

予約時に座席指定はできません。もし席が選べるなら揺れるといわれているタイヤ上の1.2.8.9あたりではなくそれ以外が取れればなとは思ったのですが今回は4番シートが取れたので多少揺れるかなと思いきやとても快適にいけました。感覚的ですがドリーム号の時より揺れや高速走行時の騒音も少なくなったのは?感じました。久々だったから気のせいかもしれませんが2階建から1階建てに変わったのもあるのかなとは思います。

ちなみに予約をすませると席がどこになったかはわかるので(これはマナーとしてやっちゃいけないかもですが。。。)うわ、この席ちょっとやだなと思ったら一度キャンセルして時期をずらして予約するという手もあります。ただ、キャンセル料のかかる時期か気をつけて。。。

 

最後に、高速バスの中でもJRバスで良い点は予約の変更か。

早割なしであれば2日まえまでは手数料100円で払い戻しができます。早割の場合は安く買えるだけあって12日前までにキャンセルすれば同等の100円の手数料だけで済みます。また、もし予定が変更になってそれより後にキャンセルしたとしても発車時間の前までであればキャンセルすれば20%の手数料で払い戻しをしてもらうことも可能。

ある意味これだけ運賃が安いから当日にどうしても急な用事があってキャンセルする場合でも20%程度のキャンセル料で済むので気楽に予約できます。

 

価格面ではグランドリームは早割だと土日でも往路7000円を切ってきますので往復で14000円かからないというのは大きいですね。

 

これだけメリット並べたら乗りたくなりますよね?

 

往復で1万円もかけたくないという方はエコドリームに乗るのでしょうが私にはちとキツかった。もし乗るなら、海外に飛行機で行く時にも使いますがこれは必需品ですね。

 

こうやって事前の準備をすることで少しは快適な旅行ができるかも。 

 

参考情報リンクはこちら

グランドリーム号 | 高速バス・夜行バスの予約なら西日本ジェイアールバス

 

予約はこちらから 高速バスネット

https://www.kousokubus.net/PC/index.aspx