ウィルス対策ソフトに何を使っていますか

結構好みがあるかもしれませんが結構気になるんですよね。

今日はパソコン向けのウィルス対策ソフトについて少しだけ概要を。パソコンを買ったときについてくる事が大半なのでそこに入っているNotonやウィルスバスターをそのまま継続して使っている方も多いと思います。お金をかけるのがもったいないという人はAvastとかMicrosoft Security Essentialsで充分だという人もいるでしょう。

 

フリー版でもウィルスの検知はしてくれるのですがやはり車で言うと自賠責保険。やはり任意保険には入っておいた方が良いかもしれませんよ。(ちょいとぶっ飛んだ例えですが)

最近はスパムメールマルウェアが仕込まれていたり、具体的にはアドレス情報を抜き取るリンクが貼られていたりWebサイトで悪意のあるスクリプトが動いたりと、ソフトウェアの提供側も何かとWindowsの更新やAdobeさんのアップデートが頻繁に公開されています。

対策ソフトなんてネガティブキャンペーンで入れなくたって大丈夫なんだという方もいると思いますがそういう方は一度ルータを介さないでインタネットに直接つないでみてください。とっても面白い事が起こるかもしれませんよ。

冗談はさておき日本のネットワーク事情からも結構守られているという事があるのであまり実感がわかないかもしれませんがとても安全だとは言い切れないんですね。

フリーソフトでもまあ防げるでしょうけど何かあったときに分からないという事であれば多少でもお金を払って守ってもらうというのもまた良いのかもしれませんね。

 

で、対策ソフトなんですがこれがまたたくさんあるのでどれにしようかわからないですよね。

 

で、ざっくりですが

一昔前に検知率NO1と言われていたのがスマートセキュリティ。複数の検知の仕組みで検知率を上げようとしているカスペルスキー。有名どころでノートン、ウィルスバスター、マカフィとまだまだあります。個人的にキングソフトセキュリティには痛い目に合っているので今回は書きません。

ぶっちゃけどれを選んでもよっぽどコアな事してなかったら同じかも。対策ソフト入れてなくても亜種で検出が追いつかないなんて事もある事はあるので。最近は亜種があっても振る舞いで検知する仕組みも進んできてはいるようですけどね。

 

ちなみに私は数年前からノートンを使っています。なぜかって?会社で使いづらかったので慣れようと思ったのがきっかけです。でも2008年の頃と比べるととても使い勝手がよくなった。昔は重くてしょうがなかったんですけどね。その辺はウィルスバスターも同じですね。ウィルスバスターを入れている端末もあるんですがクラウド対応になってからだいぶマシになりました。

でノートンをなぜ使い続けているのか。それはバックアップまで面倒見てくれるからなんです。自分でやればいいんですけど外部ディスクを保存先にしていてかってに実行してくれるので助かっています。おかげで他に変えられないのですが・・・

なので自分でバックアップどうしよう、よくわからないって人はノートン使ってみると良いかもしれませんよ。

 

ちなみにAndroidについてはある程度の仕組みが分かっていないならば対策ソフトを入れて入れるアプリが問題ないかある程度フィルタしておいた方が良いと思います。

 

 

 

広告を非表示にする