読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


iPhoneでバッテリーが少なくなった時にどうするか。

今日はiPhoneのお話。

 

最近、iOS 10にアップデートしてからでしょうか、バッテリーの消費量が多くなったように感じます。

私はiPhone 6sを、使っていますがお昼前までに半分以下になっていることも多く、なぜだろうと思って調べて見たら結構な数が投稿されて来たので気のせいではないようです?

 

今日はバッテリーが無くなりそう、なくなったという時のためにどうしたら良いかをまとめます。

 

◾︎フライトモードに切り替える

私の場合、仕事中に触ることは少ないのであえて仕事に入る時にスマホをフライトモードでオフラインにしてしまえばバッテリーの消費量を格段に減らすことができます。

数時間止めていたらその時間帯は数パーセント(までもいかない)くらいの消費量に済みます。

やり方はア画面の下から上にスワイプして飛行機のアイコンをタップするだけ。簡単ですね。 

f:id:tetsunari_jp:20170130191856j:image

 

◾︎充電できるバッテリーを常に持ち歩く

これは基本ですね。最近はこれ無しだと一日バッテリーが持ちません、、

最近は大容量でもコンパクトな充電池が出てますので是非1つは持っておきたいところです。

カバンが小さければ無理に大きなものでなくともカバンの隙間に入るやつもあります。

あとはケーブルを忘れないように注意です。

私は持ち運びに便利なので短めのケーブルが好きです。

 

◾︎充電池を忘れたらauショップに駆けこもう

町を歩いてて充電用のバッテリーを忘れた!なんてこともありました。そんな時は大型電気店なら充電できるカプセルみたいなものが置いてある店舗もありますが、大抵どこにでもあるキャリアの携帯ショップには無料で充電してくれます。少なくともauショップではできました。

預けるために一筆書かないといけませんが、ショッピングモールや商店街にあるなどにあるショップに預けたら近くで買い物なんてこともできます。

 

◾︎パソコンで充電

ケーブルさえ持ってればパソコンから充電もできます。ただし会社などではセキュリティ上接続再現されてることもあるので注意。

 

◾︎緊急用に持っておくなら

私が電池切れをおこしたときに同僚からバッテリーを借り用とした時に、、Androidなのでケーブルが違い充電できませんでした。ライトニングが独自なのか…

そんな時は100円ショップで変換ケーブルとか持っとくと何かあった時に役立ちます。

 

 

余談ですが充電バッテリーを充電したくなることありますよね、、大抵Androidと同じマイクロUSBなんですよ。

なのでiPhoneユーザーももしもの時のためにマイクロusbのケーブルは持っておくともしもの時に役立ちます。

 

色々と書きましたがまだiOS 10のバッテリー問題は改善し切れてないようなのでバッチリ準備はしておきたいですね。

 

いかがでしょうか。

 

追記 画像上げ忘れたので帰ったら補足します、、