Nexus 7にバッファローのBluetoothキーボードを接続してみた

タブレットスマホなどで文字入力するときにフリック入力が辛いのでBluetoothで接続できるキーボードを買ってきました。

 
Nexsus 7とのペアリングは注意しないといけない点がありますのでまとめておきます。
 
 
まずはキーボードに付属の単4電池2本を入れて電源スイッチをONにします。

 

その後Connectボタンを押してからNexsu 7の設定ーBluetoothを開きONにします。

少しするとBSKBB22を認識するので指定されたペア設定コードをBSKBB22キーボード側で入力しEnterを押します。

f:id:tetsunari_jp:20160309233258j:plain

 

これでBluetoothキーボードを認識します。

 

試しにOneNoteを起動してキーボードから入力してみると、入力できました。

しかしながら何かがおかしい。。。

 

何がおかしいのか。

 

このキーボード(BSKBB22)は日本語配列のキーボードなのですがNexsus 7では英語配列で認識していました。

英語配列か銅貨はキーボードの右上「半角/全角」キーを押すと ' と入力されます。

 

デフォルトでは英語配列のキーボードになるようです。

 

ソフトウェアキーボードの時は意識してなかったのですがキーボードの設定を見ると確かにGoogle英語キーボードにっていました。

 

では日本語キーボードの配列にに変更するにはどうするか?

まずはペアリングしてキーボードを認識した状態にして

設定ー言語と入力、から物理キーボードのBSKBB22を選択しレイアウトをタップするとキーボードのレイアウトを選択することができます。

f:id:tetsunari_jp:20160309233215j:plain

 
色々な国、言語がリストで表示されますが
ここで、「日本語109」にチェックを入れると日本語配列で動くようになりました。
 
 
Androidは(バージョン5.0.1で試してます)キーボードごとに配列が選べるのですね。素晴らしい。iOSでは英語配列キーボードが基本で簡単には変更ができないのでこれはありがたいですね。
 
実際にOneNoteやWordで入力したら配列は日本語になっています。
かな入力への変更はの半角/全角キーで切り替えます。(ちょっと切り替え面倒ですね。他のショートカットキーまたは割り当てがあるかはまた調べてみます)
 
 
実は私、キーボードにうるさくて、ウルトラブックとかの薄いキーボードがあまり好きではありません。ノートパソコンだとThinkpadのキーボードがお気に入り。
 
なので出先で何か書こうと思った時にすぐに出せて入力がしやすいキーボードを探していました。はじめSurfaceネットブック、2 in 1 PCなど見ていましたがどうもしっくりきません。結局30分程度店内に展示されている色々なキーボードをひたすら打ちつつ探した結果、必ずしもPCにこだわらなくても既存のタブレットにキーボードが動けば問題ないのではとこのBSKBB22にたどり着きました。
ヨドバシ(私が行ったのは梅田)はキーボードの試し射ちができるのでオススメです。
 
このキーボードは1500円程度なのにキー入力の感覚がとても良い。ダメなのは右手側の配置くらいですね。私は基本プログラミングは書きませんのでこれでぼちぼち行こうかなと思っています。
 
今まではリュードのキーボードを使っていたのですが こちらももう少しかゆいところに手が届くといいな。
広告を非表示にする