Windows 10へのアップグーレード前にwindows 8.1をバックアップしてみた

Windows 10へのアップデート(アップグレード)が目前なので今あるWindows 8.1のバックアップを取得しようと思います。

 

Windows 10に上がっても戻すことはできそうですが、それでも確実に戻る保証もないので自分でその点は準備しておいたほうがいいかもなので。

 

 

今回のバックアップは外付けHDDにUSB接続して取得します。一番シンプルなので。

 

事前にパソコンのHDDの容量以上(PCが300GBなら500GBとか)のサイズの外付けHDDを用意してUSBで接続します。

 

早速手順

まずは画面左下の端っこで右クリックして管理メニューの中からコントロールパネルを選択して開きます。

f:id:tetsunari_jp:20150728114820p:plain

 

コントロールパネルのシステムとセキュリティのファイル履歴を開きます。

すると接続されている外付けHDDを検出します。

 

ここでファイルの履歴をオンにしておくとファイルの履歴を自動的にバックアップしてくれますが今回はそれでなく。。。

詳しく知りたけらばこちらに

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 017326

 

画面左下のシステムイメージのバックアップを選択します。

f:id:tetsunari_jp:20150728120105p:plain

ちなみにここでバックアップを除外するフォルダの指定もできますが今日はやりません。 

 

複数のHDDを接続している場合は選んでください。1つだけなら画像のとおりハードディスク上を選択して次へ

f:id:tetsunari_jp:20150728114838p:plain

 

バックアップ容量の確認をしてバックアップの開始。

f:id:tetsunari_jp:20150728114845p:plain

この画像はバックアップ領域が足りない状態です。開始しないと足りないよと言われないのでここで足りてるか確認しましょう。

 

バックアップを開始しました。エラーなく終わればシステムイメージ(バックアップが取得できました)

f:id:tetsunari_jp:20150728114852p:plain

 

 あとはWindows 10に上がるのを待つだけ。

もし上がってまずかったらシステムイメージから復元してあげましょう。

復元はリリース後に実際にやってから追記します;

広告を非表示にする