読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


iOS 8.3リリースで対応されたVoLTEで何がどんなことができるようになったのか

昨日の投稿の続きになります。

今日もiOS8.3でiphoneでも対応されたVoLTE(ボルテって言う)について。

システム関係の仕事してるとなんちゃらオーと書かれるとVoice over LTEといってしまうのでまさか「ボルテ」とは思いませんでした;

 

 

ちなみに昨日の投稿

auのiphone利用者に朗報。iOS8.3でVoLTEに対応。VoLTEとは?

 

iOS8.3のアップデートについてはこちらにまとめています。

圏外?VoLTEの設定を忘れずに。iOS8.3がリリースされたので早速アップデートしました

 

繰り返しになりますがVoLTEとは音声通話をLTEの通信で行うものです。

今までの携帯電話は3Gを使って通話していました。LTEを使うとこで幅広く帯域を使うことで通話品質が上がります。また高速な通信を使っていますので接続までの時間も短縮します。あまり変わったとは感じませんでしたが;

 

VoLTEについて検索してみると各キャリアでもサイトが準備されています。

検索してみるとシェア順?になっているのが面白いですね。

VoLTE(ボルテ)とは | ソフトバンクのネットワークサービス | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

 

au VoLTE(ボルテ) | サービス・機能 | au

 

VoLTE(ボルテ) | エリア | NTTドコモ

 

サイトを見ればどんなことができるのかも写真付きで説明してくれていますが、注意点としては対応していない端末もあるよということ。

料金プランについては古いプランでも対応しているようなのでよかったです。

 

では実際に何ができるのか?

通話しながらデータ通信ができます。これは書きました。

auのサイトにありますが通話しながら地図や写真をシンクすることができます。通話している同士で画像や地図のやりとりができるんですね。

ハンズフリーというかスピーカーモードにしたら資料見ながら打ち合わせも可能ということですね。

 

また、ボイスパーティ機能で最大30人の同時通話が実現できます。

これで音声会議ができますね。

って、音声だけで30人がみんな話し始めたらさあ大変ですね。

一人が話してるものを29人が聞くといったスタイルになるかな。

 

と、実際にどう使ったらいいかはアイデア次第なのかなとは思いますができることが増えた分色々な可能性が広がったので面白いですね。

せっかくなので色々と試してみたいと思います。