読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


無料のiOS版Officeをビジネスで利用(作成・編集)する場合はライセンスが必要になるので注意

office

今日はiOS版Office(Excel、Word、Powerpoint)の利用について、利用するうえで注意する点がありましたのでメモ。

 

 

個人使用では無料(無償版は機能制限あり)で使える、iOS版Office(Excel、Word、Powerpoint)をビジネス(商用利用)で利用する場合にはライセンスが必要になります。

 

参考サイトから一部引用

「Office文書の閲覧」に関しては、個人・商用利用ともに無償でご利用頂けます。

 

商用利用時は適切なライセンスが必要になります。ただし閲覧のみであればその限りではありません。

 

例えば、会社で利用している文書を自宅で続きをやろうとPCから個人のマイクロソフトアカウント(無償)でサインインしたOneDrive等に保存して、移動中または自宅でiPhoneiPadiOS版Office(Excel、Word)を利用して文書を作成、編集する。この場合にはライセンスが必要になる。閲覧だけであれば無償なのは上の引用のとおり。

(そもそもクラウドに文書を保存していいのかというお話は抜きとして) 

 

では、どうすればいいか。

下記の参考元サイトがとてもわかりやすいので見ていただきたいのですが、iphone側でOfficeプレミアム(Premium)にアップグレードするか、サブスクリプション版のOffice 365(office 365 soloまたはoffice premium)を契約する。

(ここで記載しているサブスクリプションは個人向けです。)

 

office 365のライセンスを1つもっているだけでどんなデバイスでも(台数制限はありますが)気兼ねなくいつでもどこでも利用できるわけですからキャンペーンしている今のうちにでもライセンスを準備しておきたいですね。

キャンペーンでオフィスをお得に購入! - Office 365 Solo

 

最後に、この投稿はあくまで個人の投稿になりますので、この場合どうなんだという疑問がありましたら自分で判断することなくFAQや参考元サイトの情報を確認の上、解決できない場合はFAQサイトにある窓口まで問い合わせする事をお勧めします。

 

FAQ よく寄せられる質問 - Office 365 Solo

 

参考元

Office for iPad / Office for iPhone - 商用利用に必要なライセンス - Office Blogs - Site Home - TechNet Blogs