読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


LCCデビュー、ジェットスター搭乗記(関西空港から成田空港へ飛ぶ)

先日、はじめてLCCに乗ってきました。
今回乗ったのはジェットスター関西空港発ー成田空港着の便です。
たまたま予定とフライトの時間が合っていたのでジェットスターを利用。
 

 

気になるシートピッチ(座席間隔)は狭いと聞いていたので辛いかなと思っていましたが私の体型(身長165cmあたり)であれば膝も当たらず特段狭すぎるという事もなくちょうどいい感じでした。帰ってから間隔を数字で確認してみたら一応JALとかANAの方が10cm程度は広いようですが普段あまり乗らないのでそこまで気になるほどではなかった。ただ、シートを倒さない事は前提になるかな。暗黙のルールになってます?
まあシートだけなら1時間程度のフライトくらいなら苦にならない程度かと。
窓側に座ったら通路に出るには人が動かないと出られません。
 
今回乗って思ったのは、関西空港から乗るならピーチよりはジェットスターのほうが空港内のアクセスが良くていいなと思いました。
なぜか、関西空港からのピーチはターミナルが違うんですね。なので電車で空港に着いたら連絡バスに乗って移動しないといけません。当然、チェックインカウンターも遠いです。なので余計に時間に余裕を持っておかないといけないです。
その点ジェットスター関空に関してはJALANAなど他国内線と近いところにチェックインカウンターがあって、保安検査も同じところから、搭乗ゲートに向かう事ができます。まあ、目的地に飛んでくれるかどうかというところもあるのでこの辺りは使い分けにはなりますが。
 
空港までは天下茶屋から南海の急行で行こうかと思いましたが、せっかくなのでラピートに乗ってみました。30分に1本510円で乗れるんだからありがたいですね。短縮できた時間は15分程度かな。
 

当日の具体的な時間

9:15 関西空港着(張り切って早く着きすぎました。1時間前にって書いてたから)

10:15 搭乗開始

10:25 定刻
10:35 ドアロック
10:50 離陸
11:55 着陸 
ターミナルまでバスで移動
12:10 成田空港第2ビル駅ホーム
 
当初の予定では11:45にターミナル着でしたので結局予定より20分程度押してしまったので、成田から目的地へも成田エキスプレスに乗るという贅沢な手段を使ってしまいました。これでLCCで安かった分がチャラになってしまった。。。
なんて、普通に乗ったらもう少しかかっていたと思う。
 
ざっくり計算してみると(なんばから東京駅で計算)
ラピート     1450円
ジェットスター  8400円(今回はPlusにしました)
成田エキスプレス 2830円
合計       12680円 
 
新幹線に乗ったらなんばからで13500円(イーエキスプレス利用)程度なのでやっぱりあまり変わらなかった。
 
ちなみに普通(急行とか特急)電車に乗ったら
南海電車運賃    920円
京成       1430円
合計       10750円
と多少安くなりました。 
  
ちなみに成田空港から東京駅までの費用は路線によって変わります。
全ての手段の金額を調べてみた
 
スカイアクセス特急 1430円
スカイライナー   1400円+指定券1230円で2630円
成田エキスプレス  1320円+指定券1500円で2830円
京成特急とJR    1240円 または1190円
空港バス      1000円

指定券を伴うスカイライナーや成田エキスプレスは1時間
高速バスも渋滞がなければ1時間
スカイアクセスは75分程度
特急とJRで90分程度。
成田空港にタイミングと行先次第で選ぶと良いかも。

この中では空港バスが一番コスパがよさそうですが渋滞がどうかな。。。
 
所要時間については
飛行機 4.5時間程度(チェックイン待機含)
新幹線 3時間程度

価格と所要時間で計算して(比べて)みると。うーん。LCCはやすい時期に取らないとあまり旨味はないかも…
 
 
結局東京大阪間であれば多少高くても新幹線が正解なのかも。
あとはLCCって言っても価格では夜行バスには叶いませんね。
前から予定が決まっていてもっと格安に乗れるかスケジュールに余裕があってのんびりと行きたかったらLCCか?でもそれならぷらっとこだまを使うかなあ。 
 ま、LCCって本来は関西成田で使うものではなくて北海道や沖縄のような新幹線で行けない所に効果を発揮するわけで…
 
ちなみに事前情報でよく遅延すると聞いていたのでなるべく余裕を持って動いています。私は何かあった時に変更できるようにオプションでbundle plusのプランを選びました。1480円余計にかかるけど何かあった時の保険だと思ってればいいかも^ ^
 
 
なんせまだ1回目、価格が一番安い時に乗ったわけではないので何度か乗ってみて気持ちが変わればまたまとめたいと思います。